たまには真面目にオーディオに取り組む(その1)

四国勢の襲撃を身を縮めてやり過ごし、命が在ったたのを幸いと偶には真面目に
セッティングその他に邁進する事に

今回の目玉は・・

四国勢の助けを借りて高域のキツさを取る為のセッティングを実施、一定の効果
は在ったものの、やはりボクの音とはチト違う^^;;

(1)その再調整に加えてもう一つ気になってたのが中央定位はするが音像がヤヤ
   引っ込んでる事。 もう少し前に張り出す様にしたい(以前からの問題デス)

(2)遂に、これまで無視してたスーパーツイーター「宙」の試聴

(3)先日の某寺でのイベントに使ったカンノ製300bの試聴(単なる興味)

(4)MONOカートリッジ”Ortofon CG25D”と現用”EDISON”との比較試聴

(5)上記に絡んで接続フォノイコライザーの再検討(2台の割り振りですネ)

と、大きく分けて5つの主題と言うか狙いが在ったんですね♪

さて一番根源的な(1)ですが、音質的な面では前回ややフラットにした内振り
角度を2/3程度元に戻す(現状依りは内振りだが前回調整前よりはやや緩め)

これはまあ”音力”と言うかパンチの強さに拘わる事で比較的単純と言うか好みの
範疇なので大した事ではないのですが、音が前に出て来ない(DUOの時は出た)
と言うのはアバンギャルドTRIOの性格なのかなぁなんて思い込んでたんデスネ^^;;

そんな折、Phile-webの投稿でと或る方がオーディオショーのエソテリックブース
で開催されてたアバンギャルドのエンジニアの解説の中で、下記の様な事を言って
居たとの記事を書かれて居られて、その要点だけを抜き書きさせて戴くと;

2本のスピーカーを離していくと、中央に定位していた音像が、急に奥に引っ込んだ
ようにレベルが落ちるポイントがあるという。今度は逆に2本のスピーカーを徐々に
近づけてみると、中央のレベルが上がり音像が前に迫り出してくるので、これでバラ
ンスの良いスピーカー間の距離を探ることができる


って、正に今の我が家の状況ナンじゃないか? 音としては悪くはないんだけど
JAZZしか聴かないボクとしてはもっと音が前に張り出して欲しいワケです^^;;

それをまあスピーカー間隔はビジュアル的に問題無い範囲で(ソレかい😅)広めに
取って後は振り角度で調整すればイイんじゃないのォ♪(何時もながらの短絡思考) 
ま、ライブやるスペースの関係もあったしネ・・
DSC_0425.jpg

まあ幾らビジュアルオーディオ主義とは云え、これ迄に色々セッティングはやって来て
るんだけど、何故かSP間隔を狭めると言う所に思い至らなかった💦

基本視聴位置が決ってる以上、左右SPと試聴位置で構成される三角形に影響を及ぼす
事は当たり前なんだけど、振り角度だけにアタマが行ってる真空地帯(笑)

と言うワケで、やや内振りに戻す作業と並行して左右の間隔を少し詰めてみる、その
距離左右各40mm 何故40mmかって? 直感(爆)

出ました・・音が前に! ん?で、更に20mmとか10mmとか、最後は数ミリ単位で
追い込み! 何てことはボクはヤラない(笑) 何でもかんでも一度に追い込むと云う
のは一見正しいが、やたら次から次へと細かい詰めをやってる内に何が何だか分から
なく成る(本人は分かってる積り)って事も在るんだなぁ♪

だからボクの場合概ね狙った効果がほどほど出たらソコで一休みして暫く聴き込む 
それでやはりとなれば更に追い込むやり方(大体途中で何か他を弄ればまた評価は変る
んだから・・)

「お前、単に面倒くさいだけだろ!」と言う鋭い指摘には敢えて異議は唱えません(笑)


さてさて次ぎは皆様お待ちかね(待ってない?)”宙”の試聴♪

何しろアバンギャルド使いの有名ドコロが続々導入され、挙げ句の果てには数セット
何て話も読み聞きすると何で今迄聴きもしなかったのかと不思議に思われるかも知れ
ないが、特段その必要を感じなかったのと、未だ追込みが納得出来る水準に成って
ない状態でアレコレやると逆効果って事も在る^^

まあ、或る程度聴ける音に成って来て、今回の調整でソコソコ詰め得ると言う見通し
が立ってたのと、たまたまお世話になってるオーディオ店に”宙”の試聴機が舞い込ん
だと言う事が重なって決定♪


まずは一度再セッティング前にそのまま聴いて見ようと試して見たら、ウォォ〜!と
言う程のものじゃないが、何気に音場が広がる感じ? ただ、広がり方が逆三角形?
って印象^^;; で、まずセッティングを優先して調整完了後、再度試聴に臨む^^

先ずはTRIOのツイーターと高さを合わせたSP台に乗せて試聴・・
IMG_9455.jpg

う〜ん、セッティングが或る程度キマって来ると何だか音の軸が却ってブレる気が^^;;

置き場所を色々変えて聴いてみるが然したる改善は無くむしろ悪化・・無論帯域の
ローカットもアレコレ試してみるが・・う〜ん、家では今ひとつ食指が動かず^^;;
IMG_9462.jpg


実はその後、別の所に持ち込んで(ボクは聴いてない)の試聴では中々効果が出た
との事だから、飽くまでも部屋の特性とか音造りとの相性だろう^^

ま、結果が良ければ出費が伴うワケで、取り敢えず泥沼に入らずに済んだ事はマア
良かったヨカッタ(笑)

つづく

コメントの投稿

非公開コメント

重労働お疲れ様です。
スーパーツイーターを加える時は出来るだけ高い周波数でカットして、「ほんの少しだけ隠し味的に添えてやる」のがいいと、マインド寺の住職に教えられたことがあります。この”宙”はたしか無指向性ですが高域ほど指向性が高く最初に耳に届くのでメインスピーカーに可及的に近づけて、さらにこの場合左右スピーカーの内側に置いてみるのも一考かと思います。(ツイーターのすぐ横)ただしアヴァンギャルドと音色が違うと何をやっても繋がらないかもしれません。
50~60年代のジャズを聴くという観点からすると帯域を欲張らないほうがそれらしい音なのかも・・・。
何の参考にもならない意見ですので読み流してください。

>北の信者さん

スーパーツイーターの追加時のご指摘は正にその通りです^^
効かせ過ぎると逆効果と言うかバランスが崩れます^^;;

今回の場合は先ずTRIOの高域が思いの外伸びてると言う
のが逆に宙の効果を消してると言うか、高域2本立て的な
音のブレを招いたかなと思ってます。

内側と言うのもアリですが、どうもそう言う問題でもないかな
と言う感じがしたので深追いはしませんでした^^

まあ、ビジュアル的にも出来れば置きたくないし(笑)

我が家の後結構効果の出たお宅はやはり高域が余り伸び
ないシステムだったのが効果を生んだんじゃないかと・・

まあ、ボクの求める変化が出なかったと言う事ですから宙
の出来の良し悪しでは無いと思います^^

プラス思考

宙、1セットで効果がなかったら2、3セットでという方向に、何故お考えなられないのでしょう。

効きすぎたら、バスホーンを増やせば良いではないですか。(^^♪

>エクスクルーシヴさん

正にプラス(+)思考ですねェ(爆)

これから30回位プラス思考を続ければエクスクルーシヴさんの
ユニット数(62?)に近づけるかも知れない♪

エッ、その頃にはソチラは100ユニット超えてるってぇ😱

ユニット数(62?)
そこまではまだまだ至らず、32です。
さらに精進致します。

>エクスクルーシヴさん

いや、もう精進より消沈する段階です(笑)

32ユニットのステレオだから64ユニットじゃないの?

いくらプラス思考の私でも、64は想像もできません。

スーパーウーハー1個、ウーハー6個、ドライバー4個、ツイーター4個、スーパーツイーター1個の片チャンネル16ユニットですよ~ (*_*;

正味の話、あとは増やすとしても、スーパーウーハーとスーパーツイーター各1個くらいです。

>エクスクルーシヴさん

ウ〜ム、普通10ユニット(5x2)が限界だけど32ユニットで未だ
増やそうと企んでるワケですネ^^;;

天井に平面バッフル張り巡らして、一挙に100ユニット越えって
のはどうでしょう(笑)

昨日、御茶ノ水のDisk UnionでKeith Jarrett & Charlie Hadenの”Last Dance”(もちろんLP)を買ったついでに衝動買いをしてしまった、田中伊佐資著「オーディオ風土記」によれば、横須賀の三上さんのTrioにはGEMのスーパーツィーターが使われておりました。中央2段重ねのバスホーンの隅っこ奥に乗ってました。

>千葉支店長殿

「オーディオ風土記」出てますねぇ

彼の1冊目は買いましたが、コレはどうするかなぁ・・

第二の田中伊佐資を狙ってる連中が焦ってるでしょう(笑)

横須賀の方の部屋の広さがどれくらいか分かりませんが
あそこにサブウーハー4発入れたらかなり低音が出るで
しょうから、スーパーウーハーってのはアリでしょうね^^

家は40畳にケチって(笑)2発ですから、高域は今の状態で
充分な気がします^^

無論スーパーツイーターの追加は高域の量ではなく、質
それも中低域も含めた変化だと言う事はVITAVOXでも
経験済みですが、我が家のアバンギャルドシステムでは
余り良い結果が出ませんでした^^;;

まあ、あらゆるセッティングを試したワケでは在りませんが
足せば必ず良く成ると云うワケでも無いのがオーディオか😁

プロフィール

woo1124

Author:woo1124
Jazzとオーディオたまに酒♪
海外ミステリーと薪ストーブの日々・・

そして愛犬Monk波瀾万丈の記録^^

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR